FC2ブログ
2018年11月 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.01.30 (Tue)

日本からアメリカに戻ってきたら危うく空港閉鎖?!



先日Global Entryの更新のためにロサンゼルス国際空港まで行ってきました。
インタビューを受けるためです。

だんなさんは更新にはインタビューはありませんでした。
でも私は再度インタビューをしないといけませんでした。

インタビューと言っても、Renew(更新)だとわかると、何も質問されませんでした。
住所とメールアドレスの確認のみ。所要時間は5分もかからなかったです。このために往復2時間以上かけて行ってきました><

初めての人はたくさん質問されているようでした。

新しいカードは1週間もしないうちに郵送されてきました。

グローバルエントリーがあれば、アメリカ入国がキオスクのみで済むんです。
書類も何も書かなくていいし、誰とも話さなくてよくて、列もないのでスムーズに入国ができます。

私のグローバルエントリーは先月切れたのですが、でも、2年ちょっと前から実は使えなくなっていたのです。

ある事件があったので。。。

ブログでは書いてなかったけど、長くなるけど書いておこうと思います。興味がある方はお読みください。

~~~~~

時は2015年10月。

1人で日本帰省をしました。1週間ほど。

そして帰りの便で事件は起きたのです。

私は九州のとある空港から羽田空港、そしてロサンゼルス空港へと、乗り継ぎを予約していました。
全てANA便です。

(羽田で乗り継ぎまで時間があるから、お土産買ったりしよう♪)

と呑気に考えていたのですが。。。

なぜか、羽田につくやアナウンスで私の名前が呼ばれ、ゲートの前のカウンターまで来てください、と。

(なんでだろう?)

と不思議だったのですが、カウンターまでいくと、

「そこでお待ちください」と。

買い物したかったのですが、そう言われてしまったので、しかたなく待っていました。しばらくすると、

「こちらに来て、CBPと電話で話してください。英語話せますか?」と。

(誰?CBPって誰?)

と思ったのですが、受話器を渡されたので、とにかく電話に出てみました。

・名前
・日本にいた期間
・日本の他にどこにいったか?
・旅行プランを変えたか?

とか色々聞かれたと思います。

そしてまたANAのスタッフさんに代わってください、と言われたので受話器を渡しました。そしてまだそこでお待ちくださいと言われました。

(なぜ、私はここに居るのだろう?)

と疑問だったのですが、ANAのスタッフさんもCBP(のちにわかった、国境警備局)も説明はしてくれませんでした。

結局何もお土産は変えないまま、待たされ続けて、結局ぎりぎりまでカウンターの前にいました。

でも最後に、

「大丈夫です。飛行機乗ってください」

と言われたので、飛行機に乗りました。理由は教えてもらえなかったけど、

(まぁ、乗れるんだったらいいか)

位に思っていました。


そして10時間ほどのフライトでロサンゼルスに到着しました。

シートベルト着用サインも消えて、みんな立ち上がったころに、

「皆さま、パスポートを手元にご用意ください。飛行機降り口にてパスポートチェックがあります」

とのアナウンスが。

私は日本⇄アメリカはもう何度も行き来をしていますが、入国審査を待たずに飛行機から降りるときにパスポートチェックがあるなんて初めて。

(おかしいね~。何かあったのかね~)

なんて思っていたら、私のパスポートチェックがされるやいなや、

「いたぞ!ここだ!」


と。

なんと、私が探されていたのです!!


そして私より後ろで待っていた人たちはみなさん機内に戻されました。

訳の分からない私は心臓ばくばくで、めちゃくちゃ怖かったです。

乗客はみんな私のことを迷惑そうな目でみるし、犯罪者をみるような目でみる人も。。。視線が辛い。。。そりゃそうだよね、みんな早くおりたいのに降りれないんだもんね。。。


とにかく怖くてたまりませんでした><

そして、通路みたいなところに連れていかれて、座らされました。。。たぶん地べただったような気がする。


警察の格好をした人が数人いました。

そこで取り調べが始まりました。
羽田空港の電話で聞かれたことを同じような内容を繰り返し聞かれました。

だれもなぜ私がこんな目にあっているか説明してくれません。
不安は募る一方です。。。もう頭は真っ白。

(いったい私がなにをしたのーーー泣)

って感じだけど、誰も助けてくれない。


するとANAのスタッフさんが走ってきました。

「間違いです!」

と。

私を質問していた警察官の格好の人たち(おそらくCBPの人?)はやっぱりか、って顔していたけど、ANAの人が怒られ始めました。

まだ事情がわかっていない私は、怒られている様子を聞いていると、

「本来だと、この飛行機はここに着陸しちゃいけないだぞ」
「本来だと、ロサンゼルス空港は閉鎖になっていたんだぞ」

とかそんなことが聞こえてきました。

その中で何度も聞こえたワードが「エボラ」です。

そう、ちょうどこのときはエボラ出血熱がアフリカで猛威を振るっていたのです。

私はそのエボラに感染疑いがあるとされて、どうやら止められたみたいなんです!!

なぜそんな間違いが起きてしまったのでしょう?

私も頭がパニックでしたよ。

(私がエボラ??)


やっとANAのスタッフさんから説明があり、わかったのですが、
どうやら、出発空港の3桁の空港コードをANAのスタッフさんが間違えてしまい、アフリカのとある国から私が来ているようにデータが間違ってしまったそうなんです。

その時期、アメリカは「エボラが蔓延している対象国からの入国者は受け入れない」という措置を取っていたそうで、まさに私が間違えられたのはその対象国だったみたいなんです。。。

「エボラ危険指定国からの渡航者がいる」

と騒ぎになっていたのが原因!

最悪のケースは、ロサンゼルス空港は一時閉鎖、、、だったみたいです。
それが本当だったら、パニックですよね。被害額も相当なものになりそう。。。
(ロサンゼルス空港は世界第4位の利用者数)

もしかしたら、私は映画やドラマで見るような完全防護服を着た人達に囲まれ、隔離部屋に連れていかれていたのか・・・??
危ういところでした。


もうその後のことは安堵感のせいかあんまり覚えていません。

機長さんがこのたびは大変でしたね、って飛行機のシールをくれて、
そして、ANAのスタッフさんなどに連れられて、入国審査は顔パス?で進んでいって、

特別に早く出れますからって言われたけど、元々グローバルエントリーあるから早く出れるんだけど・・・(=_=)とも思ったけど何も言わず、もう早くこの場から立ち去りたかった。


気がついたら到着ロビーでした。


空港まで迎えにきてくれていただんなさんには、このことを帰り道ずっと話していました。

めちゃくちゃ怖かったんだよー って。

日本の思い出なんてどっかに行ってしまいました笑。



そして、話は戻るのですが、そのときにおそらくCBPが私のグローバルエントリーをキャンセルしたんだと思います。私が検問をすり抜けて入国してしまわないように。。。

それから私のグローバルエントリーは使えなくなってしまいました。。。

5年で100ドルだったのに(泣)。


という話です。

周りに言うと、

それはクレームしたらいいよ!

とか言われましたが、もらったのはシールのみでした(´・ ・`)


ほんとめちゃくちゃ怖かったです

2度とこんな目にあいませんように...



↑↑ブログランキングに参加中!一日一ポチお願いします☆ありがとうo(*^▽^*)o

07:59  |  OC~生活~  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

まぁ!!(怒
それはほんと米の得意とする訴えをするべきだったのでは・・・
ダンナ様もそこをアドバイスすればよかったのに・・・
ダンア様が居るんでしゅもの・・・精神的苦痛でほんと訴えられたのに・・・
じゃないと精神的に整理つかないじゃないでしゅか・・・
それでロックって・・・  今からでもダメなんでしゅか?解除・・・

ほんと災難・・・  イタリアの人たちもイタリアって人種差別物凄いから、結婚して移住してるのに、何度も毎度入国審査で意地悪されるんでしゅって・・・
そうゆうの聞いたりしてるので、訴えられる米なのですれば良かったのになぁ~・・って思いました・・・
ヨ~ロッパは出来ないんでしゅよ・・・  知らんふりで・・・

http://blog.ap.teacup.com/affiliate123/
ぽん |  2018年01月30日(火) 23:54 | URL 【コメント編集】

Re: タイトルなし

>ぽんさん

この事件は完全なANAのミスによるところかと思われます。

コード入力のミスが羽田にいる時点でわかっていたのなら、なんでその時にちゃんと解決できていなかったのか、疑問です。
解決していないまま、私を乗せたのでこんなことになってしまったんでしょうね。アメリカ側はマニュアルに則って対応しただけだと思うので、今回のミスはすべてANAによるところだと思います。

私のパスポートをみれば、アフリカなんて行っていないことがすぐわかるだろうに。。。羽田にいたANAのスタッフさんの英語力も怪しかったので、何が原因かさえもわかっていなかったんでしょうね。。。

一度ANAにメールはしたのですが、なが~~~~~い説明文がかえってきて、アメリカ政府とのやりとりは本人しかできないので、私が直接連絡してください、ということでした。

私のミスじゃないのに、なぜ私が政府に連絡しないといけないのか、、、???
と思ってそのまま放置してしまいました。

まだ私だったからよかったけど、年のいった両親とかが間違われてたりしたら、、、ぞっとしますね><
TAEKO |  2018年01月31日(水) 11:57 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する (承認制を取らせていただいています)


 承認後、公開されます。宣伝コメントは承認されませんのでご了承下さい。

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://octaeko.blog42.fc2.com/tb.php/2384-c8f2bde8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |